ホンダインターナビVICSの実力

  • 2009/03/06(金) 23:51:41

 「ホンダインターナビ withウィルコム RB 01-P」でお伝えしたとおりインターナビVICSの実力をちょっと紹介。

FM多重放送VICSのみの千葉市内の地図


 FM多重放送VICSのみの千葉市内の地図です。一般的な道路の渋滞情報しか反映されませんね。

 しかし、インターナビVICSとFM多重放送VICSを用いた場合…

インターナビVICSとFM多重放送VICSを用いた場合


 FM多重放送VICSの情報に加えてホンダユーザーのロードデータも反映されます。この場合だと、「FM多重放送VICS」が実線で、「インターナビVICS」が破線で表されます。FM多重放送VICSの場合は路上駐車も渋滞とみなすことがあるのですが、そういった誤情報もきちんと修正し、どのレーンだと問題なく走れるのか、ナビがユーザーの決めた時間でリルートしてくれます。5分周期にしていますがよく情報が掴めるので非常にありがたいです。

 おまけにエリシオンが入れる駐車場の情報も反映されます。画面には出していませんが、目的地の天気もちゃんと教えてくれます。

 唯一の難点だとすれば5分周期の情報取得だとやたらすぐにリルートするので運転席側のオーディオの音が聞き取りにくいことでしょうか。

 それを差し引いても「インターナビVICS」はマジで使えますね。

ホンダインターナビ withウィルコム RB 01-P

  • 2009/03/01(日) 23:42:04

 今日はドライブで千葉市に行ってきたのは「ゆっちの戯言」でもお伝えしたとおりで、スーパー銭湯に行ったのが主な目的でした。しかし、実は「ウィルコム RB 01-P」の使い勝手も知りたかったのでその検証も兼ねてのドライブであったりもしたのです。

 ここがすごい

1.インターナビVICSは思いのほか精度がよい。

 インターナビVICSのすごいところは主要幹線道路しか網羅しないVICS以外の市道とかそういったところの混雑状況もきっちりと表示します。今度機会があったら写真をお見せできればと思います。

 VICSが渋滞していると表記してもコースのリルートで渋滞回避ルートを割り出してくれます。今回、あえて国道357号から千葉市緑区まで行ってみましたが、よく渋滞しがちなところはちゃんと外して案内してくれました。元千葉市民の僕が知っている限りでの渋滞多発ポイントをすべて回避しましたね。変な生活道路には誘導しませんし、県をまたいでVICSは情報を取れないという欠点を大きく覆します。
 まぁVICSというと「電波ビーコン」「光ビーコン」「FM多重放送」が使われますが、「電波ビーコン」「光ビーコン」は専用のユニットがないと受信出来ませんし、「電波ビーコン」「光ビーコン」が対応しているのは道路は意外にも少ないように思います。その反面、「インターナビVICS」は決められた周期で情報を収得しリルートしてくれます。到着時間も思いのほか誤差がなかったのはびっくりしましたね。本当にホンダの公式ページでのインターナビPRの通りです。

2.サウンドコンテナの音楽情報が編集される。

 いかんせん、古い(と言っても2005年ベース)ので新譜のデータがサウンドコンテナに入りません。しかし、通信で編集すればその辺は全く問題なしです。

3.天気予報が分かるようになる。

 これはサイバーナビでは基本的に使っていた機能なのですが、やっと対応しました。野球観戦に行く時の天気がある程度読めるのはありがたいし、遠出する時にその真価は発揮されるだろうと思います。

 気になったこと

 PHSなので通信が不安定だったりします。ちなみに自分の住んでいるところは全く問題はなかったのですが、千葉市の外れに行くとちょっときついですね。たまに通信失敗してしまいました。後は高速道路での通信レベルといったところでしょうか。

 説明書ではナビのカバーは閉められないと書いてましたが、普通に閉まりました。しかし、閉じてしまうとやっぱり通信は不安定になりそうです。都市部は安定していますが地方に行く時はやはりアンテナをしっかり伸ばしておく方がいいかもしれませんね。

 まだまだ100%力を出し切っていない「ホンダインターナビ」。「テレマティクス」の分野では先駆け的存在なだけに期待は大きいです。

 また機会があったらお話したいと思います。

ウィルコム RB 01-Pがやってきた

  • 2009/02/27(金) 13:30:29

 前にディーラーで申し込んでいた「ウィルコム通信カード」なんですが、やっとこさ来ましたよ。まぁそのおかげでまともに眠れなかったんですが…。

ウィルコム RB 01-P 1


ウィルコム RB 01-P 2


 こいつをPCカードスロットルに差し込めば前に使っていたサイバーナビに追いつけるというわけです。まぁ、これから夜勤なので明日以降に試すことになると思いますけど。

ホンダインターナビのあれこれ

  • 2009/02/20(金) 19:02:32

 納車されてから休みの日になったら必ずと言っていいほどエリシオンに乗っています。最近になってはインターナビの操作にも少しずつ慣れてきましたよ。だいぶ扱えるようになってきましたね。

 まぁ納車して1週間過ぎて色々と気付いたことをまとめてみようと思います

続きを読む

エリシオンで高速道路を走ってみました

  • 2009/02/13(金) 01:51:24

 今日は日勤が何とか無事に終わったのでエリシオンに乗って高速道路を早速走ってみました。

 高速道路(首都高)を湾岸線→中央環状線→6号→9号→台場線→都心環状線→6号と徹底的に走ってみましたが、2人で乗る分には全くストレスは感じさせませんでしたね。何よりも室内の静粛性は特筆物です。走っていないかのような静けさは最高にいいです。ハンドリングはオデッセイアブソルートに比べるとやや柔らかめに感じますが重さは感じさせませんでした。基本的に大人数で乗らない分であれば2.4Lで十分だと思います。同排気量のRA6オデッセイよりも燃費もよく、加速もスムーズ。さすがK24といったところでしょうか。今現在の平均燃費はメーター表示で9.0km/Lでした。多分一般道メインになると相当悪いだろうと思いますけど。

 あと、ホンダインターナビなんですが、カロッツエリアのナビがベースだけあって、ナビ自体の見た目はすっきりとしていて見やすいですね。ただし、あのプログレッシブコマンダーはまだ慣れません…(涙)
 ナビ自体は航行走行距離計算とかできたり、カロッツエリアのナビと同じなだけに高機能です。インターナビの力を最大限に発揮させるためにもデータ通信カード買っちゃおうかなぁって思ったりもしますけど…。その辺は財布との相談ですね。

 だけど、音声認識で自宅に帰るを言うと思い切って「サブウェイを検索します」って…。関係ないんですけど…。前のサイバーナビも音声認識がひどくてめちゃくちゃだったので使わなかったのですがその辺はカロッツエリアナビの弱いところじゃないだろうか。地図も見やすいし、精度もいいだけに惜しい。

 サウンドコンテナもPCから転送できないのも痛いところ。サイバーナビだったらブレインユニットを介して色んな曲を転送していましたが、今現在は一切入れていません。CDからの録音は可能なのでまぁ機会を見計らって入れていこうと思います。
 あとはセンターコンソールの容量が足りない…。地デジ用のリモコンだったり、携帯電話を置いていたりするとすぐに一杯になってしまいます。その辺は社外品でカバーしようと思います。

エリシオン スーパー立体自発光メーター


 なんだかんだいって気に入ってます。友達もエリシオンをべた褒めでした。特に「スーパー自発光メーター」。「夜のドライブは盛り上がるねこれ。」と言ってましたよ。

 けどね、僕は友達のアルファードの3.0Lの方も捨てがたいと思うんですよね。やっぱりトヨタらしくバーンと見た目のインパクトを前面に押し出すインテリアってやっぱりカッコイイと思うし、3.0Lの余裕はやっぱり貫禄の走りでしょう。自分も「エリシオンプレステージ3.5L」狙っていたくらいですから。

CBA-MNH10W メーター


DBA-GGH20W メーター


 僕は現行型のアルファードよりも前のモデルの方がメーターも見やすいしいいとおもうんだけどね。現行型って、エクステリア、インテリアともに申し分ないけど、メーターが何か気に入らないんですよ。僕の中では運転を楽しむという意味でもメーターのデザインって大事だと思うんです。まぁその辺はお互い一長一短だし、いいんじゃないかなぁって思う。

 だけど、たまにはアルファードでドライブお願いしますよ!