宮城県仙台市青葉区 麺屋政宗

  • 2013/05/05(日) 11:41:15

 仙台市内の観光をしていたところ、お腹が空いてきたので牛たん焼と思ったのですがどこもかしこもとてつもない行列で断念。やはり、手早く食べれるラーメンには敵わないということで仙台市内のラーメン店を探してみました。

2013.5.5 麺屋政宗 (1)


 お店は「麺屋政宗」。すぐそこにある牛たん炭焼利久の行列にまぎれてこちらもなかなかの行列。ネットでも評価もなかなかのものなので期待できそうな感じ。早速、行列に接続しました。

 お店の方は奥に長い造りで、カウンター席のみ14席。お客も多く、満員御礼ですね。お店に入ってびっくりしたのが卓上にあるIHヒーター。どうも周りの人の様子を見るとつけ麺のつけ汁を温め直すことができるみたいですね。焼石を入れるのは見たことがありますが、IHヒーターは新しいですね。

 メニューは基本は「つけ麺」「油そば」「らーめん」。つけ麺はツケ、カラ、ベジ、アジとか色んなバリエーションがあります。つけ麺がオススメのようにも感じましたが、入口の看板でセンターを陣取っている「油そば」が気になったのでそちらにしました。

 で、注文してしばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む

宮城県仙台市青葉区 らーめん将神蔵 国分町店

  • 2013/05/05(日) 01:15:33

 東北最大の歓楽街国分町で三陸産の魚介類と東北の地酒を楽しんだあと、〆にラーメンが食べたくなり、店員さんに聞いたところ「らーめん将神蔵 国分町店」を紹介してもらいました。早速、ほろ酔いでお店に向かいました。

2013.5.5 らーめん将神楽 国分町店 (1)


 国分町のメインストリートから離れた路地にひっそりとあるお店です。案内がなかったら間違いなく素通りしてしまいそう(^_^;)

 店内はカウンター席とテーブル席があります。酔っていて何席あるか忘れてしまいましたが、ほぼ満席です。運良く1席空いていたのでそちらに案内されました。殆どの客が飲んだ後の人です。

 メニューの方はとんこつスープの「にんにくとんこつ味噌」「にんにくとんこつ醤油」「とんこつ醤油」「とんこつ味噌」。鶏がらスープは「中華そば」「仙台味噌」「札幌味噌」「つけ麺」「つけ麺味噌」とあります。色々とあったので店員さんにおすすめを聞いたところ、「にんにく豚骨味噌」を勧められたのでそちらを注文しました。

 しばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む

新潟県新潟市中央区白山 らーめん亭にしやま

  • 2009/07/09(木) 18:36:37

 未明に「石や磋」を食べたにも関わらず、新潟ラーメン探訪2弾目を決行しました。
 起きてしばらくして昼食として訪問しました。

 今回はこれまたガイドブックに掲載されていた「らーめん亭にしやま」です。写真を見たとき、丼を覆いつくすチャーシューに妙に惹かれてしまい、行くことにしました。

 車で新潟市内を走り、たどり着きました。店は学校の近くにあり、学生さんも数名いました。昼前に訪問したのですが結構お客さんは多かったです。

 メニューはたくさんありますが、お奨めは「チャーシューメン」だそうで、チャーシューメンを注文しました。

 で、しばらくして到着したのがこちら↓↓

続きを読む

新潟県新潟市中央区 石や磋 古町店

  • 2009/07/09(木) 18:29:10

 新潟遠征の際に食べてきたラーメンです。遠征と言えばやはりラーメン探訪は欠かせません。

 新潟で阪神戦を見た後に、新潟古町で飲み、締めにラーメンということでガイドブックに掲載されていたのでお試しで訪問。

 新潟というと燕三条系ラーメンというご当地ラーメンがあるわけですが、さすがにこの時間に電車も動いているわけでもなく、肝心のデータも少ない状態であるため、限られた時間の中では新潟市内でも見つけることはできませんでした・・・orz。

 「石や磋」と書いて「いやさ」と読みます。

 訪問したのは未明の1時だったわけですがまだ営業中。深夜族の人には非常にありがたい存在です。

 席はカウンター席がメインでテーブル席が奥のほうにありました。メニューは豚骨醤油ラーメンが基本でしょうゆラーメンというのもあるそうです。後はトッピングがそれぞれあります。

 今回は基本の豚骨醤油を頼みました。

 でしばらくしてきたのがこちら↓↓

続きを読む

水戸 スタミナラーメン 松喜吉

  • 2008/09/09(火) 22:52:13

 YUCCHIの東方見聞録 茨城ローカル線の旅の中で水戸のご当地ラーメンを食べようという趣旨のもと、行ったお店です。

 水戸のご当地ラーメンについて調べた結果、大きく分かれて2つの流れがあることが分かりました。

 1つ目が小麦粉に蓮根粉を練り込んだ麺と豚や鶏などでとったスープ。 そして、ニンニク、ニラ、ラッキョウ、ネギ、ショウガの薬味をかけて食べる「水戸藩らーめん」。これは昔、ラーメンが初めて中国から伝来した時のレシピを再現したものだそうです。

 2つ目がカボチャやレバーなど多種の食材を油通しし、炒めてから甘辛の餡を作り、茹で上げ水洗いした太麺の上にかける。 約25年前に産声を上げ、勝田駅前で人気を博し、水戸に移ってきた「スタミナラーメン」。

 どちらも興味津々だったのですが、旅の途中、満足な食事をとっていなかったため、がっつりと食べれそうな「スタミナラーメン」にしました。スタミナラーメンというとどうも「松五郎」が有名らしいのですが、駅前からかなりの距離があり、移動は難しそうということで「松五郎」で修行され、お店を開かれた「松喜吉」が候補に挙がりました。調べた結果、水戸駅からもある程度近く、徒歩で移動できそうだということで松喜吉へ行くことにしました。

 水戸市は本町地区まで歩きましたが、思いのほか時間がかかりました。やっとの思いで着きました。夕方の部が始まって間もないということで僕が1番乗りでした。

 メニューは「スタミナラーメン」「スタミナ冷やし」。スタミナ冷やしは冷たい麺にあんがかかったものだそうです。今回は基本のスタミナラーメンを注文しました。

 でしばらくしてきたのがこちら↓↓

続きを読む