習志野市津田沼 我馬らーめん

  • 2011/01/27(木) 22:13:11

 講演会の裏方として津田沼にいたのですが、本当に寒くて、ラーメンが恋しくてなってしまいました。津田沼といえばラーメン激戦区とも言える街で色んなラーメン屋があるのですが、今回は新規開拓をすることにしました。

 時々、津田沼駅前を車で通るといつもお客がいて繁盛しているお店があり、前から気になっていました。

 お店の方はカウンター席のみで10人も入ると相当窮屈です。外から見ていた分よりも窮屈です。

 メニューは「我馬らーめん」「味噌ラーメン」「つけめん」と色々ありますが、今回はお腹を満たすために「チャーシューメン大盛」を注文しました。

 で、注文してしばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む

柏市中央 ラーメン専門の店大勝

  • 2011/01/20(木) 23:12:20

 当時、食べ歩いたときに食べたラーメンを振り返るということでやっているデジタルアーカイブ化計画ですが、今回は第3弾。柏市の老舗ラーメン店「大勝」です。

 マイカーの車検の相談で茨城県に行っていたのですが、車屋でラーメン話で盛り上がり、柏市内のラーメン屋を何店か教えてもらいました。ですが、以前(約8年くらい前)に食べた大勝が気になり、久しぶりに行ってみることにしました。(店長、色々教えてくれたのにスンマセン、次回必ず行きます。)

 柏市内に着いたときには20時になるかどうか微妙なところでした。場所が分かりにくいところにあるのでなかなか思い出せず、何とか到着しました。

 お店には先客が1人ほどいました。清潔感のあるお店はカウンター席のみです。食券制でメニューは「ラーメン」「つけめん」「チャーシューメン」で各メニューごとに大・中・小とサイズが選べます。

 さっそく食券を購入。ラーメン600円は普通だなぁと思うのですが、チャーシューメンは1000円、中、大と麺の量を増やすことで200円ずつ追加になります。やっぱり割高だなぁって思いつつ、チャーシューメンを注文しました。

 で、注文してしばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む

京王百貨店駅弁大会シリーズ 熊本駅 「鮎屋の極薦」

  • 2011/01/20(木) 22:10:14

 京王百貨店駅弁大会シリーズの最後は熊本駅の「鮎屋の極薦」です。

 今年3月に九州新幹線が全線開通するわけですが、九州新幹線全線開通を記念して作られたのが「鮎屋の極薦」です。

 新幹線特集 新作駅弁対決!コーナーでJR東北新幹線 新青森駅の「浜焼きホタテ 海鮮ひつまぶし」と同じ並びで競演していました。どっちもおいしいそうなのですが、実家のある九州勢を応援するべく、「鮎屋の極薦」を買うことにしました。

JR九州新幹線 熊本駅 鮎屋の極薦1


 九州新幹線全線開通記念という文字がしっかりと書かれています。

JR九州新幹線 熊本駅 鮎屋の極薦2


 「鮎屋三代」と「天草大王地鶏めし」を一挙に味わえる贅沢かつ素敵な駅弁です。

JR九州新幹線 熊本駅 鮎屋の極薦3


 まずは鮎の甘露煮を一口。「ほろ苦だけどうまい!」この「鮎屋の極薦」に入ってる鮎の甘露煮は頭、骨まで柔らかくて食べやすく、川魚が苦手な僕でもおいしく食べることができました。

 天草大王地鶏めしの方は、貴重な天草大王をふんだんに使っていて、焼きたてのもも肉、タレがかかったむね肉もさることながら、天草大王の鶏がらスープで炊いたご飯が「最高においしい!!!」

 どっちも一挙に食べれるのはいいのですが、両方イイトコどりであるが故にもう少し食べたくなるのも事実。始めに「鮎屋の極薦」を食べて気に入った方の駅弁を買うというのもありかなぁと思います。

京王百貨店駅弁大会シリーズ 森駅 「いかめし」

  • 2011/01/19(水) 20:02:24

 京王百貨店駅弁大会シリーズもいよいよ折り返し。今回は駅弁大会の定番である森駅の「いかめし」です。

 京王百貨店駅弁大会販売ランキングでもトップに君臨することが多く、有名な駅弁として名前入りしているあたり、「キング・オブ・駅弁」と言ってもいいのかもしれません。しかし、調べてみると意外にも駅弁としての販売実績は少なく、駅弁大会などの外部販売での売上がほとんどというからびっくりします。

JR函館本線 森駅 いかめし1


 京王百貨店では実演販売だったので、できたてホヤホヤを持って帰ってきたのですが、時間が経ったために湿っています(^_^;)

JR函館本線 森駅 いかめし2


 イカにうるち米ともち米のブレンドされたお米を詰め込んで甘辛い特製のタレで炊き込んだものが2杯。これで500円とはなかなかのコストパフォーマンスのよさです。

JR函館本線 森駅 いかめし3


 小振りかと思いきや結構、大きかったりします。いかめしは北海道の味とも言える名物になっています。

 実を言うとイカが苦手なのですが、意を決して口に運んでみると、「お、意外にもいけるじゃない。」甘辛いタレがいい感じ。イカも柔らかくて食べやすいです。

 シンプルであるが故に下手なごまかしが利かない素材勝負の駅弁。そんじょそこらのモノマネでは成せないうまさがあるのだと思います。

京王百貨店駅弁大会シリーズ 米沢駅 「牛肉どまん中」

  • 2011/01/19(水) 18:53:59

 「いわしのほっかぶり」に続く駅弁はJR奥羽本線 米沢駅での超定番駅弁である「牛肉どまん中」です。

 「牛肉どまん中」といえばこの京王百貨店の駅弁大会では上位にランクされる超有名駅弁です。今回、京王百貨店の駅弁大会では掛紙が原哲夫氏の「花の慶次」が描かれた「牛肉どまん中 花の慶次メモリアルパッケージ」として販売されています。

JR奥羽本線 米沢駅 牛肉どまん中1


 ↑掛紙。今年は前田慶次の400年忌にあたるそうで、花の慶次の前田慶次のイラストに「いざ、米澤に参られよ!」と書かれています。サイドには米沢市の観光案内も書かれています。

JR奥羽本線 米沢駅 牛肉どまん中2


 ↑中身の方はご飯の部分は下半分が米沢牛の煮物、上半分が米沢牛のそぼろになっています。おかずには鰊の昆布巻き、里芋、ニンジンの煮物、カマボコ、玉子焼き、さくら大根が入っています。

JR奥羽本線 米沢駅 牛肉どまん中3


 ↑牛肉煮をアップ。駅弁は常に温かいままというわけにはいけません。しかし、冷めていても柔らかくてしっとりとした牛肉です。

 甘辛く味付けした牛肉煮とそぼろはご飯との相性は抜群です。これは「マジでうまい!!!!!!」箸が止まらないですね。

 ただ、味が濃いのでどうしても飽きてしまいそうですが、付け合わせの煮物たちがよい箸休めになると同時に飽きさせず最後まで食べることができました。

 京王百貨店の駅弁大会で支持される理由は甘辛く濃厚な牛肉煮、そぼろとさくら大根などのおかずとの絶妙なバランスで飽きさせず最後まで食べることができることなのではないかと思います。