東京都新宿区歌舞伎町 満洲屋が一番 歌舞伎町店

  • 2011/02/26(土) 11:27:34

 ラーメンツアーの第2戦目は前より気になっていた「満洲屋が一番 歌舞伎町店」です。去年の10月に帰ってからしばらく久留米ラーメンは食していないので、久しぶりに故郷の味が気になるところで、期待大。

 貴生奥戸店より新宿に向かってクルマを走らせます。歌舞伎町に着きましたが、夜中だというのにキャバクラの勧誘とかわんさかいます。さすが眠らない街新宿といったところでしょうか。場所は歌舞伎町でも新宿駅寄りです。飲食店の前でやけに呼び込みがすごいお店がありました。

 苦労しながらも何とかお店に着きました。お店はとんこつの臭いはそこまでなく、大丈夫(;・∀・)ダ、ダイジョウブ…?とちょっと不安になったりもしました。まぁ、開業して間もないのもあって、清潔感のあるきれいなお店です。

 お店には先客が3人ほどいました。歌舞伎町という立地の割にはちょっと寂しい感じもしなくはないですがどうでしょう。清潔感のあるお店はカウンター席のみです。食券制でメニューは「とんこつしぼり」「極とんこつしぼり」、「極丸玉とんこつしぼり」、「極ネギネギとんこつ」、「赤いとんこつしぼり」、「黒いとんこつしぼり」などなどメニューは非常に多くどれを選べばいいのか迷うところです。

 さっそく食券を購入。分かっていたことですが、本場の値段よりは100円以上高かったです。今回は基本メニューのとんこつしぼりをセレクト。

 で、注文してしばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む

東京都葛飾区奥戸 とんこつ屋台ラーメン貴生 奥戸店(再訪)

  • 2011/02/25(金) 23:57:18

 遅番が終わり、お腹もすいていたところで友達よりメールがあり、急遽、夜中のラーメンツアーになりました。

 第一弾は友達が以前より食べたかったという「とんこつ屋台ラーメン貴生」です。松戸の稔台店に行くか奥戸店に行くかで迷いましたが、その後???のことも踏まえて奥戸店に行くことにしました。

 着いた頃には先客が3人ほどでしたが、その後にはどっとお客さんが来て、ほぼ満席になりました。

2011.2.25 屋台ラーメン貴生1


 今回も「ミソホルモンメン」をセレクトしました。御世辞にも綺麗とは言えない盛り付けで、まさに「ガテン系」という言葉が合うラーメンですね。お店に入ってくる人はお酒を飲んだ後の方がちらほらいましたが、飲んだ後に食べると結構胃がもたれるような気がせんでもないですね。

2011.2.25 屋台ラーメン貴生2


 味噌という割には味噌っぽい感じはなく、普通のラーメンとは差異はないように思うのですが、スープを飲んでみると確かに味噌の味がします。

 ちょい辛の煮込み肉であるホルモンや平打ちの麺も貴生のアイデンティティそのものです。基本でも結構なボリュームなので大盛はありませんが、「替玉」はあります。しかし、替玉を注文しているひとってほとんどいないような気がするのは僕だけでしょうか???

埼玉県春日部市南 一ノ割大勝軒

  • 2011/02/20(日) 22:42:52

 うまい煮干し系ラーメンを食べようと思って「大勝」に行ったのですが、非常にがっかりな結果に終わり、うまい煮干し系ラーメンを食べたいという気持ちがむしろ強くなるばかりでした。思いつくところであれば「永福町大勝軒」あたりがすぐに思い浮かびます。しかし、永福町となると結構な距離ですし、のれん分けされた支店もあるのも事実。ということで、夜勤明けで永福町大勝軒系のお店に行ってみることにしました。

 今回来たのは埼玉県春日部市にある「一ノ割大勝軒」です。実を言うと一ノ割大勝軒は上京して2年目に食べたことがあったりします。その時はあっさりしていて物足りないというのが本音でしたが色んなラーメンを食べてきたからこそ、再発見があるのではないかと考えたためです。

 お店の方は清潔感のあふれるお店です。カウンター席が10席程度、テーブル席が充実していて4つほどあります。

 メニューは「中華そば」「ワンタン」「ワンタン麺」などありますがお腹がすいていたので「チャーシューワンタン麺」を注文しました。

 で、注文してしばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む

地産地消 地元の農産物ですき焼き

  • 2011/02/16(水) 22:37:43

 友達が「おかずなしでもおいしい多古米を買いに行きたい。」と言ってたのでお付き合いで千葉県は香取郡の多古町まで来ました。

2011.2.16 多古遠征1


 多古町と言うと千葉県内陸の位置し、豊かな農地が広がっています。昔より稲作が盛んな地域だったそうです。

 写真がないのが残念なところですが、道の駅では地元の農産物がお得な値段で売られています。今回は地元の農産物を使ってすき焼きを作ってみることにしました。

2011.2.16 多古遠征2


 白菜が白菜のように見えないのですが、お肉も野菜も柔らかく、素材そのものの味わいがあり、たまらなくおいしいです。

 農業衰退と叫ばれて久しい今日、安い外国産農産物がたくさん輸入されるようになりました。外国産農産物がダメだとは言いませんが、食の安全に関して言えば国産農産物が一番だと思います。

千葉市中央区祐光 杉田家 千葉店

  • 2011/02/16(水) 21:06:35

 今年1月、家系ラーメン大好きな千葉県民にとってこの上なくうれしいニュースがありました。

 総本山直系の杉田家が千葉市にやってくる!!!

 総本山直系を食べたいとして、千葉エリア、湾岸エリアであれば、柏市の柏王道家に行くか、思い切って首都高を走って横浜市まで行くかのどっちかになります。もちろん、千葉市にも「末広家」「増田家」「武蔵家」などの家系ラーメンを提供するお店があるのですが、実は六角家の流れを汲んでいるお店が主で総本山直系のお店はなかったのです。

 つい最近まで、総本山直系の味を味わいたく、夜な夜な首都高で横浜市まで行ったり、柏王道家まで行ったりしていましたが、杉田家が千葉市に出来たということで有用な選択肢がひとつ追加されました。

 仕事のほうが忙しく、なかなか千葉市に行くことができなかったのですが、ついに念願かなって千葉市の杉田家に来ました。

 お店の方は元焼肉屋を居抜いて作っているのでかなり広い作りです。ここまで広いのは吉村家位しか思いつきません。テーブル席も用意されていますが、昼間はテーブル席は使用できないようにしている模様。食券制ですが、本家と同じ、プラスティック製の色つきプレートです。

 今回は「チャーシュー(小)+海苔増し」にライスを付けました。

 で、しばらくして来たのがこちら↓↓

続きを読む