東京都渋谷区千駄ヶ谷 ホープ軒(再訪)

  • 2012/02/28(火) 15:01:37

 日勤が終わり、疲れて寝るかどうか迷っていたところ、急に電話が。夜中に電話がかかってきたので何事かと思って取ったところ、友達からでした。

友達「明日休み?明日、予定あるの?」

ゆっち「特にはないけど」

友達「まだ、新車乗っていないだろ、ドライブがてら東京ゲートブリッジ走ってラーメンとかどうよ。」

 ということで東京ゲートブリッジを走りながら深夜のラーメン食べ歩きをすることになりました。今、ダイエット中なんだけどね (^.^;

 東京ゲートブリッジを走って、羽田方面に走っていったのですが、時間が0時を過ぎていたのでやっているお店も少なく、とりあえず思いついたところで「野方ホープ」に行ってみることにしましたが、野方ホープ本店は店内改装中でやっていませんでした。

 しょうがないので新宿を抜けてやってきたのは24時間営業している千駄ヶ谷の「ホープ軒」。もうあれこれ2時に近かったのにもかかわらず1階の立ち食いスペースは大盛況。

 久しぶりにチャーシューメンを食べたくなり、券売機でチャーシューメンを選びました。最近、もっぱらチャーシューメンばっかり食べているような気がする…。1階の立ち食いスペースでいいかなと思いましたが、寒かったので2階に上がりました。

2012.2.28 ホープ軒3


 もちろん、あのジャスミン茶もあります。今回は一斗サイズのヤカンからドボドボとピッチャーに移し変えていました。このジャスミン茶がホープ軒のスープの脂を流してくれます。どさくさ紛れて3杯ほど一気飲みしました(笑)

2012.2.28 ホープ軒1


2012.2.28 ホープ軒2


 久しぶりにチャーシューメンを頼みましたが、チャーシューメンになるとビジュアルにも迫力が出てきます。もちろん乗せ放題の刻みネギをドバっと入れてスープを一口。コッテリ系とも言われるけどどっちかというとあっさりしたスープ。前回食べたときまでは時代に取り残されたラーメンというイメージがあったのですが、今回になってそのうまさに気付きましたよ。このあっさりしたスープは深夜、仕事を終えた人の胃袋に優しい味なんですね。

 チャーシューも柔らかすぎず適度に歯応えを残しており、なかなかの美味。神宮球場からも近い場所ですが帰る方向と逆になってしまうためなかなか行けないお店ですが、これからも残って欲しいお店です。

どうもゆっちのレポートでした、ご馳走様!!!

市川市行徳駅前 ラーメン然屋(再訪)

  • 2012/02/25(土) 23:00:39

 溝の口で友達と飲んだ後、その友達と一緒に行徳に帰ってきたのですが、移動しているうちに小腹が空いてしまい、駅前の「ラーメン然屋 行徳店」に来ちゃいました。確か前回来たのが2011年3月だったので約1年ぶりといったところでしょうか。

 「ラーメン然屋」についてはあまりいい印象を持っていなかったので本当は「がんこ11代目」か「むげん」あたりを考えていたのですが、思いの外酔いが回ってしまい、歩くのも億劫なったのは内緒です。

 2人とも「博多とんこつラーメン」を注文しました。

2012.2.25 ラーメン然屋1


2012.2.25 ラーメン然屋2


 2人して酔っていましたので勢いで入ったのも事実。ちょっと反省もんですね。酒を飲んだ後だったのでこのしょっぱさが逆によかったようにも思います。

 食べ終わったら他の客の迷惑にならないようにそそくさとお店を後にしましたとさ。

 詳細については「市川市行徳駅前 ラーメン然屋」を参照してください。

どうもゆっちのレポートでした、ご馳走様!!!

神奈川県川崎市高津区溝口の「なすび屋」他

  • 2012/02/25(土) 20:59:20

 溝の口といえば「住みたい都市ランキング」でも上位に入ってくる人気の街なのですが、何度か行ってみて気付いたのは昔からの街と新しい街がとある地区を境に分かれていること。ただ、溝の口はラーメン屋が思いの外少なく、パッとしませんでした。ただ、飲み屋に関しては非常に多く、昔ながらの大衆酒場、おしゃれな居酒屋があります。その中でも特に目立っているのが「たまいグループ」。溝の口近辺だけで10店近くあります。たまいグループが有名になったのは「天体戦士サンレッド」じゃなかろうかと思います。僕自身、たまいグループを知ったきっかけは「天体戦士サンレッド」だったりします(笑)

 前置きが長くなりましたが、友達が溝の口に住んでいるのですが、溝の口で飲んだことがなかったので今日は夜勤明けでしたが溝の口に来ました。たまい本店の金運つくねを肴に一杯やることに。

 溝の口に着いて、ウコンの力を飲んだ後、早速、たまい本店に行ったのですが、入口の店員さんがなんと「満席で30分以上待ちますのでどうしますか?」と言ってきました。友達が「30分って早く飲みたいから他のお店にする?」と聞かれたのですが、せっかくなんで金運つくねが食べたいと返したところ、友達が掛けあってくれて系列店を紹介してもらいました。

 着いたところは「なすび屋」というたまいグループでもいわし料理と大皿料理が売りのお店のようです。

2012.2.25 なすび屋1


 お店の方は席数はあまりなく、珍しいのは屋根裏部屋があること。ゆっくりと飲みたかったので屋根裏部屋のところに案内されました。雰囲気はいいけど、お酒を飲んでトイレにいくときはちょっと注意が必要ですね。

2012.2.25 なすび屋2


 まずはビールで一杯。ビールは初めの一杯が一番ウマイな。

2012.2.25 なすび屋3


 お目当ての金運つくね。つくねですがとても大きいです。黄身を和えて食べるとうまいです。1本でも結構なボリュームです。

 他、魚料理を頼んで一杯。焼酎を中心に飲んでいましたが酒が入り、料理の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、刺身を初め料理はなかなかよかったです。

2012.2.25 大衆酒場 玉井西口店1


 その後、溝の口駅西口にある「大衆酒場 玉井西口店」に行ってきましたが、この辺一帯が再開発事業から逃れたためか大衆酒場が多くあります。この大衆酒場 玉井西口店もたまいグループですが、他にも魅力的なお店が多くあり、僕としてはこっちの地区の方が興味がありますね。

2012.2.25 大衆酒場 玉井西口店2


 汚い写真で申し訳ないが、焼き鳥メインのお店です。適当に串をつくろってもらいパッとお店を後にしました。料金はリーズナブルです。

2012.2.25 たこ焼き谷やん 溝の口店


 今度は歩いて「 たこ焼き谷やん 溝の口店」というお店に連れられてきました。友達が言うには「ここのたこせんは伊丹で働いていた時に食べたそれとまんまなのよ。」と推薦。たこせんは食べたことがなかったので気になるところでしたが、えびせんでたこ焼きをはさんだものなんですね。これがハイボールとよく合います。

 かなりのペースで飲んでしまったのでめちゃくちゃ酔いました(笑) ですが楽しい溝の口巡りになりました。

どうもゆっちのレポートでした、ご馳走様!!!

サンポー食品株式会社の「サンポー焼豚ラーメン」

  • 2012/02/24(金) 13:01:56

 サンポー食品株式会社といえば九州出身の人とりわけ福岡県、佐賀県出身者であれば聞いたことのある会社名のひとつでしょう。同業のマルタイと同じくカップめん、棒ラーメンでお世話になった人はたくさんいるかと思いますし、九州以外に住んでいる人にはわからない人が多いと思います。(僕はカップ麺はサンポー、棒ラーメンはマルタイでした)

 なぜにこのブログで「サンポー焼豚ラーメン」が取り上げられたかというと、実家に帰省していた時に地元福岡県の誇る安売りスーパーのTRIALで叩き売りされていてついつい買ってしまったからです。

2012.2.24 サンポー焼豚ラーメン1


 サンポー焼豚ラーメンの歴史としてはかなり長くて1978年(昭和53年)に発売されています。僕が物心ついた頃には普通にありましたし、貧乏だった我が家にとってはカップめんは滅多に食べることができないものでした(笑) カップめんを母が買ってきた時にはスープも残らず全部味わっていたなぁ。今となっては懐かしい思い出ですね。
 今はあまりみかけませんがヤカンちゃんのCMや「サンポー 男性専用 にんにくラーメン」のCMはローカルって感じで面白かったなぁ。サンポーのCMはやたら記憶に残っています。

 中身はかやく、粉末スープ、色が怪しい紅しょうが、味の決め手になる調味油です。今時の高級カップ麺とは見た目の華やかさこそないものの昔から変わらずなところが好きです。

2012.2.24 サンポー焼豚ラーメン2


 もう、日付が変わって午前3時前だというのに空腹に負けて、お湯を入れて作ってしまいました。細麺ですが、麺がやや縮れているのが特徴ですがこれはスープとの絡みをよくするためのものだとか。調味油によって豚骨ラーメンのあの香りが生まれます。あと、やけに赤色が濃い紅しょうがもいいアクセントです(笑) こういうことやってるから何時まで経っても痩せないんだろうな(^ ^;

 一口食べるとうまい!



 まさにねるねるねるねのCMのあのノリですよ。ちょっと大袈裟ですが、やっぱりウマイです。今でこそラーメンの食べ歩きをやるようになりカップ麺はあまり食べなくなりましたが、思い出補正もかかり、カップ麺では忘れがたき一品です。通販でもあるようですが、九州に行って見かけたら是非とも買って食べて欲しいですね。

どうもゆっちのレポートでした、ご馳走様!!!

2012年Big Americaシリーズ 「ブロードウェイバーガー」

  • 2012/02/23(木) 20:58:19

 マクドナルドの2012年「Big Americaシリーズ」第3弾は「ブロードウェイバーガー」です。

 個人的には前回の「ラスベガスバーガー」が明らかに失敗作だったと思っていたのですが、今回はブロードウェイバーガーはいかがなものか気になるところ。

 まぁ、「公式の写真と違うじゃないか」とか「どこがラスベガスなのか」「値段の割には…。」とか言ってるけどこうやって買ってしまっているところがマクドナルドのうまい戦略なのかもしれませんね。ちょい高いハンバーガーを食べたければ自宅から至近のモスバーガーや駅前のバーガーキングに行けばいいだけの話なんだけどね。そんなこと前から気付いていましたが今回もマクドナルドの思惑に乗ってやることにします。

2012.2.23 2012年Big America ブロードウェイバーガー1


 言わずもがな包み紙は毎度おなじみ紙タイプ。持ち帰るときに潰れるからビッグマックのような箱タイプにして欲しいですね。

2012.2.23 2012年Big America ブロードウェイバーガー 2


 公式サイトによるとはみ出すほどのベーコンと、クリームチーズソースの心おどるハーモニーが印象的な「ブロードウェイバーガー」。華やかな彩り野菜をはじめ、こだわりのパストラミベーコン、マスタードソースが引き立てる濃厚なクリームチーズソースといった、個性的な素材を組み合わせ、世界中からさまざまな才能が集うミュージカルの街を表現しました。だそうですがブロードウェイを表現していると言うにはやはりこじつけている感じが否定できませんね。横からはみ出ているベーコンが特徴ですかね。

 実際に食べてみるとベーコンの塩気が何気にミートパティに合います。そこにマスタードがピリッと効いているので食をそそります。これはなかなかいい感じ。どの辺がブロードウェイなのかはわかりませんが味としてはありです。

2012.2.23 2012年Big America ブロードウェイバーガー 3


 やっぱり公式とは写真がだいぶ違うのも、もはや基本ですね。それを差し引いても今回のブロードウェイバーガーはなかなかの力作だと思います。期間限定なので食べたいひとは早めに食べておくことをお勧めします。

どうもゆっちのレポートでした、ご馳走様!!!