福岡県久留米市 ひろせ食堂

  • 2009/05/12(火) 20:23:12

 久留米といったら豚骨ラーメン発祥の地とも言われています。過去に何度か帰省していますが、まだ僕のブログで紹介されていなかったお店を今回は2店ほど紹介します。

 その1店目は地元久留米では知らない人がいないとも言われるほど有名なお店である「ひろせ食堂」です。

 実を言うと過去に一度だけ行ったことがあります。しかし、ブログを始める前の話であれこれ5年以上昔の話になります。そのときはかなりの盛況っぷりでラーメンにありつくまでに30分以上かかったのを覚えています。

 今回は混雑時間を外していくことにしたんですが、入り口を見ると「6時までの営業とさせていただきます。」という文字が見えるではありませんか。昔は「21時までやっています」と書いていたような記憶があったのですが・・・。到着は17時30分。ギリギリでした。

 メニューを見ると「ラーメン」「ライス」「焼き飯」のみ・・・。昔は「ちゃんぽん」があったんですけどね。だいぶメニューもシンプルになってしまいました。どうやら人手不足が大きな原因のようです。

 今回は昔と同じく「ラーメン、焼き飯セット」を注文しました。

 でしばらくしてきたラーメンがこれ↓↓


2009.5.7 ひろせ食堂 2


2009.5.7 ひろせ食堂 4


2009.5.7 ひろせ食堂 3


2009.5.7 ひろせ食堂


 ラーメンはいたってシンプルです。豚骨特有の臭さも控えめです。焼き飯はこれでもかというほどのボリュームがあります。丁寧に刻まれたトリ、玉ねぎ、ネギ、ニンジンや卵の風味が生きており、ダシに豚骨を使っているのかものすごくおいしい。いかにもラーメン屋さんのチャーハンって感じです。
 ちなみに肝心のラーメンのほうはスープはラードがやや多く、くどそうに感じますが思いのほかクリアな味わいです。
 麺は久留米ラーメンの流れに沿った細麺のストレート。
 具はチャーシュー、ねぎ、のり、たまごとシンプルです。

 ラーメン単体では物足りなさがありますが、焼き飯を一緒に頼むとこれでもかというほど満腹になります。

ひろせ食堂の批評

スープ:★★★★★(豚骨系(久留米系)、濃さ:7、しょっぱさ:5、スープの熱さ:8)

 本場久留米ラーメンでも比較的あっさりとした方。スープをすするとダシはしっかりとしており豚骨の旨みが口全体に広がる。それでいて塩分もだいぶやわらかく、ラードは多めであるがくどくない分、すっきりして癖のない味わい。そして、豚骨の後味がしっかりとアピールしてくる。これだったら豚骨が苦手という人でもとっつきやすいのではないだろうか?? 45/50点

麺:★★★★☆(太さ:細、ストレート、茹で加減:オーダーで変更可、量:気持ち少なめ)

 麺は久留米ラーメンの基本のやや細ストレートである。長浜系に慣れていると若干太めであることに気づく。のど越しよく、スルッといけてしまう。量は気持ち少なめであり、ラーメン単体では若干物足りなさがある。 24/30点

具:★★★★☆(チャーシュー、ネギ、のり、たまご)
 チャーシューはばら肉を使用。やや脂身が多く、くどさを感じるようにも思うが、意外にもくどさは感じない。やや薄めに切ってあるのだがチャーシュー自体はしっかりとした味がついている。たまごは固ゆでたまごのスライス。具だけを見てしまうと寂しいの一言であるがその辺はスープとの兼ね合いということで目をつぶろう。19/20点

総評:92点
 「沖食堂」「ひろせ食堂」の久留米の2大食堂の一角を担う地元ではかなり有名なお店。食堂のラーメンでありながら上品かつ濃厚なスープ。ラーメン単体だけではやや物足りない感じも否めないがこのお店のもう1つの売りである「焼き飯」を一緒に頼むとこれでもかというほどのボリュームで高校時代の学食を思い出す。地元ということで評価が甘めになってしまうが、それを差し引いてもうまいと思う。
 しかし、気になったのはひろせ食堂を仕切っていたあのおっちゃんなんですけど、今日は厨房には立っていませんでした。元気なのか心配です。

店舗情報:ひろせ食堂
TEL:0942-32-8967
住所:福岡県久留米市梅満町1112
営業時間:10:30〜18:00
定休日:月曜日、第2・4・5日曜日
店へのアクセス:最寄駅は西鉄大牟田線「花畑」。駅から歩いて国道209号線方面に出ます。六反畑の交差点に出たら右折。国道209号線沿いにあります。目印はNTTです。ひろせ食堂には駐車場がありますが、すぐに満車になってしまうので車で来る場合は混雑しやすい昼時を外したほうが安心です。


大きな地図で見る


以上ゆっちのレポートでした。御馳走様!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する