オデッセイ戻る

  • 2007/06/18(月) 23:11:46

 すみません。この前の交通事故で修理工場に行っていたオデッセイですがこの前の金曜日に無事戻りました。

 写真撮っていないですが、今の板金技術の素晴らしさを実感させられました。ただ、お金もかかりました。まぁ、保険で済ませますが、今後安全運転に努め、交通事故は起こさないようにしたいものです。

 地元のFM局のbayfmもセーフティドライビングキャンペーンしていますし、自分も交通安全を心がけてセーフティドライバーになりたいです。

ちょっと不甲斐ないぞ

  • 2007/06/17(日) 23:13:00

 昨日、今日とネットの動画配信でソフトバンクの試合見ていたけど、打撃が弱いなぁと感じてしまう。左ピッチャーに弱いなぁ。

 なにがむかつくかって??

 嫌いな讀賣に負け越したから

 「くたばれ讀賣」を合言葉に応援してきた友達も納得がいっていなかったようだ。 

 大村さんはやはり1番でのびのびと打たせるべきなんだと思うのだが・・・。

 昨日の杉内といい、今日の和田といい、好投していたのに野手は見殺しにしてどうする。今、求められるのは野手陣の奮起ですね。


 これからの奮起に期待します。

ロッテ×阪神 観戦日記

  • 2007/06/16(土) 21:21:02

 今日も晴天。絶好の野球日和です。今日は千葉マリンスタジアムでセ・パ交流戦のロッテ×阪神戦を見てきました。

2007.6.16千葉マリン


2007.6.16千葉マリン2



 ここ最近阪神の勝負弱さに失望半分、勝って欲しい希望の入り混じる観戦です。しかも、外野席は完売でして、内野2階席から観戦です。

2007.6.16千葉マリン3


 スタメンは以上の通り。林、金本、桧山の一発に期待したいです。

2007.6.16千葉マリン4


 試合の方はいきなり林が一発をかましてくれて、いい雰囲気でしたが、あっという間に逆転されてしまい、また負けパターンかよと思っていましたが・・・。

2007.6.16千葉マリン5


 ラッキー7の写真です。こうやって見ると新鮮です。

 最終回、まさかの劇的な展開が・・・。すみません。負けを確信した一行は8回終わって勝手に帰ってしまいました。ああ、世紀の大失態でした。

 全然関係ないですが、早く帰ったのは理由があるのです。それは阪神ナインを生で近くで見たいから。

 でやってしまいました、阪神ナインの乗るバスを追いかけです。

2007.6.16千葉マリン6


2007.6.16千葉マリン7


 で着いたのは千葉市某所の有名ホテルです。

 喫茶店でお茶しながら選手を待っていました。(これじゃフライデーの記者みたいだ。)

 で、実際に会えたのは金本選手、下柳選手、藤川選手、橋本選手。写真を撮ろうとしたらホテルマンに制止され、写真はありません。けど、金本選手は出口を間違えたおかけでうちらが待つところに来てくれて、友達が金本選手に「これからも頑張ってください」といっていました。うちはあまりの興奮に何も言えず。金本選手は「はい、はい。」と言ってホテルを後にしました。ちょっとうれしかったです。

メガてりやき

  • 2007/06/09(土) 23:35:19

 いつの間にかマクドナルドから出ていたメガシリーズ第2弾。「メガマック」の好評に味をしめたのか?続いて出てきたのは「メガてりやき」。ひとまず話題作りの一環として食べることにしました。







 メガマックと比べると厚みはが少なく、メガマックのようなインパクトは弱く感じます。てりやきバーガーにさらにチーズが加わっており、かなり濃厚な味がします。したがって飲み物がないとしょっぱめに感じてきついものがあります。




 おまけで包み紙です。メガマックは箱の中に入っているのですが、メガてりやきは紙に包んであります。つぶれないようにサイドには紙で補強してあります。


 ちなみにメガてりやきのカロリーは950kcalでこれ一つでカツ丼1杯分のカロリーに当たります。世の中は「脱・メタボリック」「健康志向」なのですが、それを逆手にとって思い切ってボリュームで勝負するメガシリーズ。好評のようですが、果たしてどこまで通じるのか??気になりますね。

 私は、メガてりやきはもう食べなくていいです。かなりヘビーでした。話ネタつくりにどうぞ。

 そして、メガシリーズの対抗馬としてアメリカの「バーガーキング」が復活しました。景気もよくなり、脱デフレが進んでこういった付加価値のあるものが売れる時代になりました。景気の豊かさを反映しているのでしょうが、消費者はもっと健康とかそういったことも考えながら生活していく必要があるのだなと感じます。

交通事故やってしまいました

  • 2007/06/07(木) 11:21:31

 どうもお久しぶりです。

 もう4日の夜の話になりますが、わたくし、生まれて初めて交通事故の当事者になってしまいました。

 仕事の帰りがけだったのですが、東京都の環七通りで事故をおこしてしまいました。

 詳細はといいますと、6月4日20:30過ぎのことでした。交差点で右折レーンに入ろうとした際に、前に止まっていたトラックの横をすり抜けようとした際に自分の車を擦ってしまいました。その時、仕事でかなりの残業を強いられ、疲れていてボーっとしていたところもあり、無意識のうちに右折レーン入り込んでしまいました。自分自身、冷静であれば車の幅が広いので行けないことくらい分かっているのですが、疲れているときは判断力が大幅に落ちいたように思います。
 止まっていたトラックということで、相手方、自分双方に怪我がなかったことが不幸中の幸いでした。相手の車にも実質的な被害はなく、自分の車の被害だけで済みました。
 相手もすごんできたり、怒鳴り散らしたりするような人ではなく、冷静な人でした。お互いに事の経緯を確認し合い、「とりあえずは警察を呼びましょう」と警察にお願いしました。警察の実況検分が終わり、お互いの連絡先を交換し、保険会社に一任することで話が決まりました。

 家に帰って保険会社に事故の報告をし、事故のことはすべて保険会社に任せました。家族に事故の報告をし、職場にも報告しました。とりあえず、みんなが「起こったことはしょうがない、これから気をつけて」と言ってくれて気持ちが少し安らぎました。けど精神的にはかなり参りました。それでも翌日は仕事で仕事に行くことになりましたが、本当に気が気ではありませんでした。

 6月6日。保険会社の紹介で来た修理業者が自宅に来ました。そう、うちのオデッセイがしばらくの間修理に出されるのです。

悲劇のオデッセイ1


悲劇のオデッセイ2


悲劇のオデッセイ3


 被害の詳細はといいますと、左ミラーが破損、左前ドアノブ破損、左後ドアはロックが壊れ、開かなくなり、交換が必要に。また、左後のボディに大きな傷がついてしまい、その部分は板金塗装で修復が必要であるとのこと。

 業者さんが言うにはとても丁寧な乗り方をしているのがよく分かりますよとのこと。本当に大変でしたねと話され、事故を起こしたことの罪の大きさを感じました。

代車カルディナ


 そして、代車としてTOYOTAのカルディナが来ました。短い間のお付き合いになりますがよろしくお願いします。

 事故は大きかろうが小さかろうが精神的なダメージが大きいです。自分の運転を見直すきっかけになったように思います。もう3年目で慣れてきた部分も多々あるように思います。慣れというのは本当に怖いものです。

 「事故」つながりで、今日、夜勤が終わった後に家路に付いていたのですが地元で大きな交通事故がありました。写真などはありませんが、ホントに大きな事故でした。車は大破し、ぶつかったバイクもすごいことになっていました。

 事故には絶対に遭わないし、起こさないよと思っている人。そんなことはありません。いつどこで被害者になるのか、当事者になるのかは分かりません。自分も大丈夫と思っていた人です。だからこそ気をつけて欲しいです。事故は大小問わず精神的な苦痛が半端ではありません。みんながきちんと気を引き締め運転し、交通事故のない社会を作れるようにしていかないといけないのだと感じました。